アイランドシティ コンテナターミナル

ターミナル概要

平成15年に供用を開始し、全長680m、水深-14m(IC-6岸)/-15mの耐震岸壁(IC-7岸)にオーバーパナマックスガントリークレーンを5基(内3基免震構造)備え、環境に配慮した、CO²排出量の大幅削減が可能な、電動型RTG(ラバータイヤ・ガントリークレーン)を用い、日本一のECOターミナルとして、博多港のコンテナ取扱の約60%を取扱っています。

背後地には、青果市場や物流倉庫群を控え、国際物流の拠点形成を目指しています。

アイランドシティ コンテナターミナル

(*TEU…20Fコンテナ換算)
岸壁 岸壁長 680m(2バース)
水深

-14m  1バース

-15m  1バース(耐震構造)

ターミナル
総面積 約36.4ha
コンテナヤード 蔵置能力 22,208TEU
(ドライ4段積、冷凍コンセントエリア除く)
バンプール 1.6ha 蔵置能力1,400TEU(4段積換算)
シャーシ待機レーン 55台分
荷役機械 ガントリークレーン

5基
(うち3基
免震装置導入)

定格荷重40.6t、18列対応
トランスファクレーン 21基 定格荷重40.6t、8列対応
※トランスファクレーン用給電設備(Bus-Bar) 11箇所  
冷凍コンセント 368口 440V
建築物 管理棟 850m2 2階建
守衛棟 50m2 平屋建
INゲート 10レーン (うち、スルー1)
OUTゲート 4レーン  
メンテナンスショップ 1,065m2 2階建
コンテナ検査場 128本  
受変電所 540m2 平屋建
附帯施設 給油所 60kl (30kl×2)
トランスファクレーン
修理場
1,600m2  
コンテナ修理場 4本分  
コンテナ洗浄施設 10本分  
照明灯 9基  

PAGETOP