設立主旨

日本に先駆け新しい港湾会社として1993年誕生「夢 未来 博多港」

コンテナターミナル全景

世界に開かれたアジアの玄関口としての博多港は、西日本の国際貿易拠点港として高いポンテンシャルを持っています。しかし、近年の近隣港湾の整備や国際物流の変化に伴い、港間競争が激しくなる一方です。

そこで博多港では、現在、大水深岸壁を有するコンテナターミナルの整備を始め、次世代の物流拠点となるアイランドシティ整備事業を進めており、コンテナターミナルの24時間稼動や最新の荷役システムの構築、IT技術による情報の提供や手続きの簡素化等、新たな機能を展開し物流サービスを強化するなど、ハード、ソフト両面での充実を 図っております。

このような博多港の発展と長期的な展望を見据え、1993年、博多港ふ頭(株)は、『管理型の港湾運営から、経営型港湾運営へ』をコンセプトに、全国に先駆けて第三セクターとして誕生しました。現在、福岡市が整備する公共港湾施設の管理運営事業を中核に、コンテナターミナル利用者向けのサービスや荷役機器メンテナンス事業等を行なっております。今後も博多港の発展のため、魅力ある港づくりを目指していきます。

PAGETOP