箱崎ふ頭

様々な港湾関連施設を配置した博多港最大のふ頭

箱崎ふ頭

陸上の高速交通体系に直結アクセス

昭和48年に竣工した箱崎ふ頭は博多港最大のふ頭です。青果上屋や自動車の立体野積場など、多様な港湾施設が集約され、穀物や青果などの食品、自動車など実に様々な貨物が集まってきます。製粉工場をはじめとする食品工業団地や大規模な流通センターも整備され、陸上輸送との連携も十分に図られています。
また、都市高速道路のランプ2ヵ所がふ頭に直結し、九州自動車や福岡空港へダイレクトにつながるほか、JR貨物の福岡ターミナルが隣接しロスのない複合一貫輸送が可能です。

箱崎ふ頭写真
箱崎ふ頭写真
係留施設
バース名称 水深(m) バース数 延長(m)
1〜3号岸壁 -7.5 3 390
4号岸壁 -10.0 1 185
5号岸壁 -12.0 1 270
6〜10号岸壁 -7.5 5 650
11号岸壁 -7.5 1 230
12・13号岸壁 -12.0 2 480
木材港岸壁 -10.0 2 360
木材港ドルフィン -10.0 1 280
ふ頭概況
総面積 263.5ha(昭和44年〜平成15年埋立)
利用状況 取扱貨物量 約566万トン
取扱貨物量品目 車両、その他輸送機械、取合せ品、麦、
その他農産品、鋼材
港湾施設(公共)
岸壁 給水施設 19箇所
上屋 青果上屋2棟 11,224 m2
荷役機械 ニューマチックアンローダー 1(400t/h)
機械式アンローダー 1(400t/h)
野積場 389,980 m2
立体車両野積場 1
冷凍コンセント 32口
水面貯木場 74,104 m2

PAGETOP