組織概要・沿革

組織概要

代表取締役社長
専務取締役
常務取締役
取締役

監査役
総務部

・総務課

・財務課


コンテナ事業部

・事業推進課

・営業課

・ふ頭運営課


港湾事業部

・事業調整課

・ふ頭管理第1課

・ふ頭管理第2課


メンテナンス事業部

・業務管理課

・整備第1課

・整備第2課

・整備第3課

会社沿革

  概   要 システム・設備 国際コンテナ
定期航路
コンテナ取扱量
(TEU)
1993年
(平成5年)
4月30日 博多港ふ頭株式会社 設立
  • 本社:博多港国際ターミナル内
  13航路 53便
204,106
1994年
(平成6年)
4月 香椎パークポート・コンテナターミナル(第1バース)供用開始
  • 本社:香椎パークポートに移転
4月(システム) 「KACCS *1」導入 16航路 70便
238,304
1995年
(平成7年)
4月 整備課を新設し、迅速かつ柔軟なサービス体制を整える
  • ガントリークレーンの点検整備を自営化
  18航路 77便
296,413
1996年
(平成8年)
4月 公共港湾施設の管理運営業務を博多港全域に拡大
  • 港湾事務所の開設:福岡市港湾局庁舎内
  20航路 86便
309,268
1997年
(平成9年)
4月 香椎パークポート・コンテナターミナル(第2バース)供用開始   21航路 88便
342,550
1998年
(平成10年)
シャーシ滞留帯、シャーシプール等を整備   21航路 89便
362,992
1999年
(平成11年)
博多港開港100周年   24航路 100便
433,858
2000年
(平成12年)
  11月(システム) 「HiTS *2」の運用を開始 25航路 128便
510,721
2001年
(平成13年)
「HiTS」が九州地方整備局や日本港湾協会より高い評価を受ける

5月
  • 「日本港湾協会技術賞」を受賞(日本港湾協会)

7月
  • 「国土交通行政功労表彰」及び「海の日功労者表彰」を受賞(九州地方整備局)
1月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • ストックヤードを活用した予約システムを導入
26航路 132便
527,064
2002年
(平成14年)
2月 国土交通省が「海陸一貫物流情報システム実証実験」を博多港で実施
  • 輸出貨物情報を提供
  • ゲート前映像をインターネットで配信
3月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 荷主とのシステム連携を実現
28航路 144便
545,287
2003年
(平成15年)
4月 会社設立10周年

9月 アイランドシティ・コンテナターミナル(C1バース)供用開始

9月 箱崎コンテナターミナルの利用終了

8月(システム) 「HiTS」の機能を強化し、「HiTS.ver2」として運用開始

  • 「HiTS」と国土交通省の「海陸一貫物流情報システム」を統合

9月(システム) 「KACCS」の機能を強化し、「KACCS2」として運用開始

9月(設備) トランスファクレーンの導入-九州初
32航路 174便
567,044
2004年
(平成16年)
4月 特定埠頭運営効率化推進事業を開始-全国初

7月 改正SOLAS条約発効
  • 「国際船舶・港湾保安法」の施行による制限区域への立入規制開始
  33航路 182便
611,184
2005年
(平成17年)
5月

港湾管理部門(港湾事務所)を博多港センタービルに移転

  31航路 174便
666,848
2006年
(平成18年)
4月 指定管理者業務を開始
  • 指定管理者として「博多港港湾施設」の管理運営業務を開始

10月 大連事務所を開設
  42航路 212便
710,801
2007年
(平成19年)
4月 九州大学と共同研究を開始(3ヶ年事業)

7月 株主配当を開始
4月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 初の海外連携を実現(中国深圳港:赤湾ターミナル・蛇口ターミナル)
41航路 214便
749,839
2008年
(平成20年)
4月 会社設立15周年

10月 アイランドシティ・コンテナターミナル(C2バース)供用開始

国土交通省がエココンテナターミナルの実証実験を博多港で実施することを決定
10月(設備) トランスファクレーン ハイブリッド型の増設 36航路 194便
759,876
2009年
(平成21年)
「HiTS」に関する特許権を取得

4月
  • 貨物搬出入予約システム
    (特許第4295446号 4月17日付)

7月
  • コンテナターミナルの受付システム
    (特許第4346460号 7月24日付)
  • コンテナ搬出入情報通信方法及びシステム(特許第4346463号 7月24日付)
7月(設備) ガントリークレーン 免震タイプを増設

10月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大(中国広州港:南沙ターミナル・黄埔ターミナル)
31航路 174便
660,373
2010年
(平成22年)
2月 トランスファクレーン電動化など、国の実証実験開始

3月 港湾管理部門を香椎パークポートの本社に移転・統合(港湾事務所廃止)
5月(システム) 「HiTS」の機能を強化し、「HiTS.ver3」として運用開始

11月(設備) 実証実験関連:
屋根付きリーファー施設工事完了

12月(設備) 実証実験関連:
トランスファクレーン電動化工事完了
37航路 218便
748,580
2011年
(平成23年)
1月 博多港国際ターミナル旅客乗降施設整備完了(2月より全面供用開始)

4月 博多港の港格が「特定重要港湾」から「国際拠点港湾」に名称変更

5月 「日本港湾協会技術賞」を受賞(日本港湾協会)

8月 被災地復興のため、ストラドルキャリア1台を宮城県仙台塩釜港に寄贈

11月 博多港が「日本海側拠点港」にトップで選定される
1月(設備) 実証実験関連:
ストラドルキャリア ハイブリッド型の導入

1月(設備) 実証実験関連:
ガントリークレーン【IC3号機】の免震化工事完了
36航路 214便
850,568
2012年
(平成24年)
7月 BCP策定への検討を本格化
  • 荷役機械を非常用発電施設とする仕組みを構築
9月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大(中国青島港)

12月(設備) ストラドルキャリア ハイブリッド型の増車
35航路 206便
849,333
2013年
(平成25年)
4月 会社設立20周年

5月 IAPH「港湾環境賞金賞」受賞
9月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • スマートフォンを利用したコンテナロックシステムの導入
36航路 196便
867,806
2014年
(平成26年)
3月 台北港コンテナターミナル㈱とIT連携についての覚書を締結

4月 博多港コンテナターミナル施設等の港湾運営会社として指定を受ける(10年間)

4月 指定管理者として「博多港港湾施設」の管理運営業務を継続(5年間)

4月 タイ港湾庁バンコク港とIT連携についての覚書を締結

6月 海外事業開始(インド)

9月 産学官連携功労者表彰において国土交通大臣賞を受賞

11月 LED型ヤード照明実証実験の開始
3月(設備) トランスファクレーン 電動型の増設 37航路 200便
910,566
2015年
(平成27年)
11月 サイゴンニューポートとIT連携についての覚書を締結 4月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 英語、中国語のページリリース

6月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大(タイ港湾庁 バンコク港):ASEAN地域初
41航路 218便
873,621
2016年
(平成28年)
2月 中国厦門港とIT連携についての覚書を締結

6月 福岡県環境保全功労者知事表彰を受賞
5月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大
    (中国:天津港、厦門港、台湾:台北港、ベトナム:ホーチミン港)

11月(システム) 「KACCS.2」の機能を強化し、「KACCS.3」として運用開始
 
2017年
(平成29年)
4月 アイランドシティC-2コンテナターミナル全面供用開始 4月(設備) トランスファクレーン電動型の増設

4月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大
    (中国:香港港)

9月(システム) 「HiTS」の機能強化
  • 海外連携港を拡大
    (中国:上海港)
 
2018年
(平成30年)
  3月(設備) ストラドルキャリア ハイブリッド型の増車  

*1(KACCS…香椎コンテナターミナルコントロールシステム)
*2(HiTS…博多港物流ITシステム)

PAGETOP